ネイティブ講師の人気

子供に習わせたい習い事としてよく挙げられるのが水泳やピアノ、英会話だといわれています。
とくに英会話に関しては人気が高く、ネイティブが講師として行なっているスクールも少なくありません。
このネイティブスクールにはメリットも多いのですが、人気はそれほど高くないといわれています。
この原因といわれているのが、講師がすぐに変わってしまうという点です。
一般的にネイティブ講師の方は、さまざまな理由で辞めてしまったり、国に帰ったりと長続きしないケースが多いとされています。
大人の場合には気持ちの整理などもつくのですが、子供は気持ちの整理がつかない場合も多く、講師が変わってしまってからそのまま英会話スクールを辞めてしまうということも珍しくないようです。
さらにこれらのネイティブ英会話スクールが不人気になっている背景として、プリスクールといわれるものが増えてきているという点を挙げることができます。
プリスクールというのはネイティブ講師が1日子供と過ごしてくれるというスクールになります。
英会話スクールの場合にはせいぜい1.2時間英語に親しむという程度ですが、このプリスクールであれば英会話に接する時間が増えますので、あっという間に英語が話せるようになるともいわれています。
どうせネイティブに英会話を教えてもらうのだったら、プリスクールで学ばせたいという親が増えているのも納得できるでしょう。
さらにネイティブスクールの人気が減っている背景として、ネイティブ講師の存在が特別ではなくなってきたことも挙げることができるでしょう。
とくに基礎の部分に関してはネイティブから教わるよりも、日本語がわかる日本人講師のほうが良いという声も多く聞かれます。
またネイティブかどうかにこだわる親というのは少なくなっており、子供に英語を教えることができる経験やスキルが実際にあるかどうかという点を重視する親御さんが増えてきているといわれています。
子供は大人に比べると頭がやわらかく、環境さえ整えてあげればあっという間に英会話をマスターしてしまうこともあります。
ネイティブにしてもさまざまな方がいますし、ネイティブ講師にはネイティブ講師の良さがありますので、それらのメリットやデメリットを比べて英会話スクールを決めると良いでしょう。
ほとんどの英会話スクールでは無料レッスンやお試し授業などを提供している場合がありますので、それらを活用されると良いかもしれません。

Copyright (C)2018日本でも大丈夫☆究極の英会話レッスン法.All rights reserved.