赤ちゃんからはじめる英語教育

新しい言語を学ぶ際には環境を整えるというのは重要になります。
0歳〜9ヶ月の赤ちゃんの場合、どのようにして環境を作ってあげる事ができるのでしょうか。
英会話の能力を伸ばすためには、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングの4つの能力が関係しているといわれていますが、これらの能力を意識して環境を整えてあげることが重要になります。
まずリスニングに関してですが、英語の子守唄を聞かせてあげるようにしましょう。
「パフザマジックドラゴン」「インツィヴィッツィスパイダー」「メリーさんの羊」「ハンプティダンプティ」など、有名な曲は赤ちゃんにもオススメです。
赤ちゃんの脳というのは、音などに敏感に反応するようになっていますので、英語の子守唄をふだんから聞けせておくことによって、より英語に親しめるような環境を作ってあげる事ができます。
さらに赤ちゃんはおもちゃに関心を持つものですので、英語に関係するおもちゃを用意してあげるというのも良い方法です。
例えばドラムをたたくと音楽とともにアルファベットが表示されるものや、外国語学習に適した脳を育成する非常に考えられたビデオなどもありますので、それらで遊ぶことによって、小さいころから英語に親しめる環境を作ってあげるというのは良い方法です。
人によっては、0歳から教育をはじめても意味がないと思う方もいるようですが、そのようなことはなく、小さいころから英語に親しむことによって英語を聞き分けられる能力が訓練されるということが最近の研究によってわかってきています。
また英語に限ったことではありませんが、小さいころから脳を刺激してあげることはお子さんの発育にもプラスになりますし、感性や感情などを訓練する上でもプラスになるといえるでしょう。
最近ではさまざまな英会話グッズが発売されたりしていますので、それらを積極的に活用して英会話環境をつくってあげるようにしましょう。
さらにもう少し大きくなったら、子供向けの英会話スクールに通わせるというのも良い方法です。
また最近ではプリスクールといわれる、ネイティブが1日子供を預かってくれるスクールも人気になっていますので、それらも状況に合わせて利用することができるでしょう。
これらのスクールにはさまざまな種類があり、カリキュラムなども違いますので、それぞれ見に行ったり、体験コースに参加してみて子供にあったスクールを選んであげるようにしましょう。

Copyright (C)2018日本でも大丈夫☆究極の英会話レッスン法.All rights reserved.