英語の勉強方法

英語力を伸ばしたいという方は、具体的な方法として単語を覚えたり、英語のCDを聞いたりしているようですが、英語を上達させるにはどのようなコツがあるのでしょうか。
例えば声のトーンに注意してみるというのは、ひとつのコツだといわれています。
日本語の場合には、はっきり話そうとすると声のトーンが自然と上がってしまうものですが、英語の場合、低いトーンのほうが聞き取りやすいといわれています。
しかしただ声のトーンを下げてみようとしても、声全体が小さくなってしまったりとバランスが悪くなっていまいます。
それでできれば腹式呼吸を心がけることによって、声のボリュームを保ったまま声のトーンだけを下げることが可能になっています。
しかし腹式呼吸といってもひとによってはなかなか難しく、上手にできないということもあります。
そのような方は腹式呼吸の方法を練習してみることができるでしょう。
まず具体的な方法ですが、椅子に少し浅めに掛け、背筋をまっすぐに伸ばし口を閉じ、鼻から大きく息を吸います。
この時に肺ではなくお腹に空気を入れるというイメージが重要になりますので、なるべくお腹をふくらませるように行きを吸い込みましょう。
これを繰り返していくということが腹式呼吸になります。
それでもなかなかうまくいかないという場合、注意したいのが肩の動かし方でしょう。
肩を動かしてしまうと、即、胸式呼吸になってしまうので、なるべく動かさないようにすることで、腹式呼吸が完成されるといえるでしょう。
このように腹式呼吸を行なっていくことによって、より自然に英語を発音することができるようになるといわれています。
しかし腹式呼吸さえできれば英語が流暢に話せるようになるというわけではありません。
毎日くりかえし英語を使うようにしたり、単語を覚えていくことが重要になります。
英語を勉強していく上で大切なのは、持久力を付けるということです。
たまに1時間勉強するよりも毎日5分づつ続けたほうが確実に力になっていきます。
そのようにして習慣化することができるようになった時点で徐々にノルマを増やしていくように心がけると良いでしょう。
どうしても習慣化できないという場合、既に習慣化してある日々の行動に結びつけて英語の勉強をしていくというのも良い方法です。
たとえば歯磨きやトイレの時間に、英語を勉強しているという方もいます。
また英会話スクールなどに通って自分のなかで環境を作るというのも良いアイデアです。

Copyright (C)2018日本でも大丈夫☆究極の英会話レッスン法.All rights reserved.